当院について

  • 診療科目
  • 受診される方へ
  • 入院される方へ
  • お見舞いの方へ

ホーム < 当院について 病院長ごあいさつ

院長ごあいさつ


たずみ病院は昭和47年に開設以降、約46年間地域医療に邁進し、おかげを持ちまして、平成24年2月には新病院を建設することが出来ました。
さらに平成28年10月には電子カルテを導入し病院情報システムの整備を行いました。 これにより、待ち時間の短縮やスタッフ間での情報共有が円滑となり、知識の向上やより安全な医療への礎が出来ました。
しかし、医療というのは建物や機械が良ければ良い医療ができるのではなく、医療人の技術や人に対する優しさが最も重要ではないかと思っており、 日々努力を心掛けております。幸いな事に近隣の先生方の御協力や当院のスタッフの頑張りもあり、消化器外科手術も年間約200例を超え、 胆嚢炎や腹膜炎などの緊急手術をはじめ、食道、胃、大腸肛門の癌から肝臓、胆道、膵臓の癌まで多種多様の手術をこなすことが出来ました。
また内視鏡では年間2000例を超える検査をこなしており、透析を含め、今後とも誰もが安心して受けられる高度な医療が行えるよう、 スタッフ一同頑張って行く所存でありますので、宜しくお願い申し上げます。

医療法人社団せいわ会 たずみ病院 院長 河村貴














医療法人社団せいわ会 たずみ病院 院長 河村貴
地域に根ざした医療を 地域医療に貢献し、質の高い医療をめざします。患者さまの立場を尊重し、こころのふれあいを大切にします。病院職員の資質向上に努めます。 平等で公正な医療を受ける権利があります。自分が受ける医療について説明を受ける権利があります。受ける医療の選択に自分の意思が尊重される権利があります。自分が受けた医療の内容を知る権利があります。医療を通じて提供した個人の情報を守秘される権利があります。 他の患者様への迷惑にならないようにマナーと規則を守る責務があります。医療を適正に行うための自身の情報を提供する責務があります。

このページのトップへ

アクセスマップ

加古川市尾上町口里790-66

詳しく調べる